Prima pagina
La cantina

Storia

ワイン販売
NEW!
会員募集

Contatti




 私たちは、信州・高山村でワイン用ぶどうを栽培している農家です。現在、約60アールの畑でメルローとシャルドネを栽培しています。近い将来、農家民宿のような小さなB&BとCafeを併設したワイナリー設立を目指しています。ブドウの栽培からワインの醸造、販売までを一貫して行うスタイルのワイナリーで、誰もが気軽に飲め、信州・高山村の自然が感じられるようなワインを造ることを目標としています。

 2007年春、メルロー600本、シャルドネ400本を植え付けCantina Riezoはスタートしました。今後さらに2、3年かけて植え付けを行い総数2,000本になる予定です。今、畑にあるのはフランスの品種であるメルローとシャルドネですが、今後植え付けるのは、バルベーラ-Barbera-というイタリアの品種を予定しています。このバルベーラをCantina Riezo の看板ワインにしたいと思っています。

Cantina Riezo 代表 湯本 康之

畑の様子


2007年 夏

2009年 冬

ワイナリー計画概要

□名 称 Cantina Riezo (カンティーナ リエゾー)

□予定地 長野県 上高井郡 高山村
2007年春 Merlot 600本、Chardonnay 400本
2008年春 Merlot 125本、Chardonnay 200本、Barbera 34本
2009年春 Barbera 500本
2010年春 Barbera 200本植栽済み

□代表者 湯本 康之

□営業開始 未定(近い将来、果実酒製造免許取得を目指しています)

□事業内容 ぶどう栽培、ワインの醸造、直売Shop、Cafe、B&B(宿泊)

□生産規模 年間製造本数 750ml入りボトル換算 4,000本〜5,000本
ぶどう栽培面積 60a
予定収量 5〜6t
栽培予定品種 Barbera,Merlot,Chardonnay,etc...

□コンセプト ワインを楽しむだけでなく、ぶどう畑や田園風景を眺めながら、日常 生活とは違う、ゆっくりとした時間を楽しめるようなワイナリー。 親しみやすいワイン、高山村の自然や風景を感じられるワイン造り。


Cantina とは?
Cantina(カンティーナ)とは、イタリア語でワイン貯蔵庫を意味しますが、広義ではワイン醸造所やワイン小売店をさします。